訪問介護員(ヘルパー)になるには、「介護職員初任者研修」を受けよう。

訪問介護員(ホームヘルパー)の仕事をするには、資格が絶対に必要です。

平成28年度現在、訪問介護員になる一番の近道は「介護職員初任者研修」の講座を受講することです。 「介護職員初任者研修」の講座は最短で1ヵ月、通常でも4ヶ月で修了することが出来ます。

受講費用は6〜15万円
講座を開講しているスクールによって、費用は大きく異なります。
(費用に差がある理由→ 介護職員初任者研修の費用

介護職員初任者研修の費用、「それにしても高いなぁ・・」と思いません?

最低でも6万円はかかると思うと、当初はなかなか受講する決心が私にはつきませんでした。 専業主婦だった私にとって6万円は大金で、月の食費より多い金額です。

それでも、私にはこの「介護職員初任者研修」が必要だと感じていました。
なぜかと言うと、近い将来、親の介護をする立場にあったからです。

それに、小学校に上がったばかりの子どもがいた私でも無理なく出来る、 時間の融通が利き、何かあったらすぐに家に帰ることが出来る距離での仕事を探していました。

その両方をクリアできるのが訪問介護員(ホームヘルパー)で、 それには「介護職員初任者研修」の受講が必須でした。

受講費用は、すぐに元が取れます。

「介護職員初任者研修」講座を無事に修了し、訪問介護の仕事を始めてみて分かったのは、 「受講費用はすぐに元が取れる。」と言うこと。

あんなに悩むことはなかったな、もっと早く始めればよかった、と。






訪問介護員は時給が高いので、
私の場合、1日2時間・週4回働いて約5〜6万円の収入でした。

今は条件によって安く受講できる介護職員初任者研修の講座もありますし、補助金制度もあります。

例えば、
教育講座の大手『ニチイ学館』では、常時、キャンペーンを行っています。
しかも初任者研修終了後、希望者には仕事の斡旋があり、 ニチイ関連に就職すれば
受講費用がキャッシュバックされるという嬉しい特典があります。

訪問介護員の資格を取得することは、難しくありません。

訪問介護員に必要な「介護職員初任者研修」は、それほど苦労せずに取れる資格です。
まじめに講義を聞いていれば、誰でも取得できると言われています。

それなのに、この介護職員初任者研修の資格は 大変な需要があり、持っていて損はありません。

また、将来「介護福祉士」を目指すことになった時にも、「介護職員初任者研修」を修了していれば免除される科目があるのです。








「介護職員初任者研修」を修了していれば、 介護の仕事探しに困るなんてことは先ず無いでしょう。

そしていつか、自分の家族に介護が必要になった時、この資格は 必ずあなたを助けてくれます。 介護の知識が有るか・無いかでは、精神的な部分でも、技術的な部分でも、全く対応が違ってきます。

後になって、

「あの時、こうしておけば良かった・・。」なんて思いたくないですよね。

この資格は、介護に対する恐怖や負担を大幅に軽減させ、介護する側にとっても、介護される側にとっても、沢山のメリットがあります。 これは私の実感です。

自分に合う「介護職員初任者研修の講座」の探し方

一番簡単で確実な探し方は、資料をたくさん集めて、自宅でじっくり比較検討することです。 資料請求には1円もかかりません。全て無料です。







▲ページトップに戻る






Copyright (C) 20xx SITE NAME All Rights Reserved. design by tempnate
inserted by FC2 system