HOME > 介護職員初任者研修 > 資格取得にかかる期間

資格取得するまでの期間は、最短で1ヶ月。

介護職員初任者研修を最短で取得しようとする場合、 1ヶ月は必要です。

最短取得を希望するならば、平日に 6〜7時間の授業を週3回ほど(計15〜16日)授業を受けないといけないので、それが可能であるかが問題です。

自分が通える範囲内に、最短コースのクラスを開設している初任者研修の教室があるかどうか、そしてそのスケジュールに参加できるかどうか、先ず調べなくてはいけません。 日中、仕事があったり、忙しい人のために、夜間クラスを開講しているところもあります。


通常は約4ヶ月あれば、初任者研修を修了することが出来ます。

在宅での通信教育 スクーリング を組み合わせて学習していきます。

自宅学習では、テキストを読み進めて介護への理解を深め、その進行にあわせてレポート問題を解き提出します。 レポート問題の答えは全て教科書に載っていますので簡単です。

”スクーリング”というのは、教室に出向いて授業を受けること。
9時から5時まで、1日かけて講義を聞き、実技を学びます。

実は最初、私は”スクーリング”に行くのが面倒だと思っていました。
全部”自宅学習”で済めば良いのに・・というのが本心だった。

でも実際のスクーリングは意外なほど楽しくて新鮮でした。
20代〜70代のヘルパーを目指す女性が30人ほど集まったその教室で、講師の話を聞いたり、 順番に教科書を音読したり、グループに分かれた中で「利用者役」と「介護役」に扮して実技の練習をしたりしました。

回を重ねるごとに生徒同士は仲良くなって、スクーリングが終わってからお茶しに行く事もありました。 こんな経験は学校卒業以来でとっても面白かったです。

自分に合う「介護職員初任者研修の講座」の探し方

一番簡単で確実な探し方は、資料をたくさん集めて、自宅でじっくり比較検討することです。 資料請求には1円もかかりません。全て無料です。







▲ページトップに戻る


  関連記事

●どんな勉強をするの?
●受講料の割引、補助金制度
●スクールの選び方







inserted by FC2 system