HOME > 訪問介護員の資格を取る方法

訪問介護員になる一番の近道は、「介護職員初任者研修」の受講です。

訪問介護員(ホームヘルパー)になるために、
最初に取得する資格は 「介護職員初任者研修」が最も一般的です。

いち早く、より安く、訪問介護員(ホームヘルパー)になるには、 「介護職員初任者研修」の受講がオススメです。

「ホームヘルパー1級〜3級」は、平成25年4月よりこの「介護職員初任者研修」という名称に改定され、今は無くなりました。

「介護職員初任者研修」は介護の基礎から学べ、介護を全く経験したことがない初心者向けの資格講座です。

介護の歴史、介護用語、介護をするにあたっての心得、少々の医療知識、介護の実技など、介護を仕事にする上での基本を学ぶ事ができます。

「介護職員初任者研修」を開講している施設・場所

「介護職員初任者研修」は、各都道府県の福祉保険課ハローワーク、各都道府県が指定した民間の養成機関で実施しています。
( 介護職員初任者研修は国家資格ではありません。

「日本ホームヘルパー協会」



どこの「介護職員初任者研修」が最も良いのか?

どこの講座スクールで「介護職員初任者研修」を修了しても、結果は同じです。
日本全国共通の終了証です。 講習内容もほぼ同じでしょう。(同じでないと困ります。)

なのに講座スクールによって受講費用と習得期間が大幅に違います。
その理由 → 「介護職員初任者研修の費用」


各講座スクールの開講場所・開講時期・スクーリングの時間割・費用・特典などを良く理解して、 自分の希望に最も合ったところを選びましょう。

費用が安くても、自宅から遠い通いづらい場所では次第に苦痛になってくるでしょうし、 費用が割高でも、就職先を紹介してもらえるのなら安心感があります。

また、ひとクラスの人数も大事な確認事項です。
あまり大人数だと、一人当たりの実技演習時間が短くなる可能性があります。
逆に少なすぎるのは何か問題があるのでは?と疑ってみることも必要かもしれません。

自分に合う「介護職員初任者研修の講座」の探し方

一番簡単で確実な探し方は、資料をたくさん集めて、自宅でじっくり比較検討することです。 資料請求には1円もかかりません。全て無料です。







「介護職員初任者研修」は、苦労せずに取れる資格

以前の「ホームヘルパー2級」の資格は、講座をまじめに受講してさえいれば誰でも修了と同時に手にすることが出来るものでしたが、 この「介護職員初任者研修」は最後に卒業試験が設けられ、合格できないと修了証は貰えないことになりました。

そう聞くとなんだか難しそうに思うかもしれませんが、そんなことはありません。
普通に受講していれば、無理なく取得できる資格と言われています。

初任者研修の合格率

▲ページトップに戻る


  関連記事

●介護の仕事の本音
●介護職に向いてる人







inserted by FC2 system