HOME > 訪問介護とは > 有給について

週1日しか働かなくても、有給休暇はあります。

訪問介護員の登録社員は、「週1日、1時間〜OK」という働き方が出来ます。

こんな少ない労働でも、ちゃんと年次有給休暇を貰うことができます。

これは労働基準法で決まっていることなので、きちんと請求しましょう!
だたし6ヶ月以上の勤続が条件になりますので、雇い入れの日から半年は働かないと有給休暇は貰えません。

〔6ヶ月後に貰える有給休暇の日数〕

週1日(年間所定労働日数48日〜72日)働くと、有給は1日。

週2日(年間所定労働日数73日〜120日)働くと、有給は3日。

週3日(年間所定労働日数121日〜168日)働くと、有給は5日。

週4日(年間所定労働日数169日〜216日)働くと、有給は7日。

週5日(年間所定労働日数217日以上)働くと、有給は10日。

そして、

退社するときは有給を使い切るか、賃金に換算して貰うかを選ぶ。

会社によっては、有給を買い取らない方針のところもあるので、総務と良く相談して下さい。

まれに、「辞めるときは有給を使えない。」なんて言うとんでもない会社も実際あるのですが、 有給休暇は全ての労働者に対する当然の権利で、一度もらった有給休暇はどのように使おうと本人の自由ですから、そこは譲らずに主張しましょう。


実は、私が以前に登録していた介護事業所がそういうところでした。

「辞める前に有給を消化したい。」と申し出たところ、「そういう使い方は出来ない。有給は働いている人の為のもので、 辞めていく人が最後にまとめて使うことは出来ません!」と言われました。

「ウソだ〜っ。」と思ったけれど、私は早く円満退社したかったので「分かりました。」と了解してしまい、 7日分の有給が無駄になりました。(泣)

今思えば、面倒がらずにきちんと話し合えばば良かったなと思います。
損しちゃった(・з・)


自分に合う「介護職員初任者研修の講座」の探し方

一番簡単で確実な探し方は、資料をたくさん集めて、自宅でじっくり比較検討することです。 資料請求には1円もかかりません。全て無料です。







▲ページトップに戻る



  関連記事

●選べる勤務時間






inserted by FC2 system